AGA対策「植毛」。植毛の危険性ついて

まず、植毛とは何かご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明しますと、AGAによる薄毛の箇所の気になる部分に毛を植えつけることです。この植毛には大きく分けて2つの種類があり、まず一つには自分の毛を採取して植えつける「自毛植毛」、二つ目には人工的に作られた毛を植えつける「人口毛植毛」があります。それぞれの特徴としては、自毛植毛は海外(主にアメリカ)で広く行われており、ある程度リスクを抑えて施術をすることができます。人口毛植毛は合成繊維で作られた人工の毛を頭皮に埋め込むことでリスクが高いという特徴があります。人口毛は人間の体としては「異物」として認識されるため、毛が抜け落ちやすく、1年で半数以上の毛が抜け落ちてしまうといわれています。また、アレルギーなどを起こす人もおり大変危険です。この他にも毛を深く埋め込むことによってケアなの汚れがたまりやすくなり、そのことから最悪感染症におかされてしまうこともあります。感染症やアレルギーを発症してしまうと、頭皮は化膿や炎症を起こしてしまい、また、血行が悪くなるなど髪の毛に対してのマイナスな要素が多数発生してしまいます。また、結果的に頭皮に大きなダメージを受けてしまい元々の毛までもが抜け落ちてしまうということにもつながってきます。こうなってしまうと頭皮は真っ赤に変色し目も当てられない状況になってしまいます。

こんなことにならないように、AGAを本気で治療したいと考えているのであれば、植毛という選択肢ではなく、AGAの専門のクリニックをまず受診されることを強くおすすめします。初回カウンセリング無料のAGA専門クリニックもありますので、もし植毛に手を出してしまい問題が発生してしまっている方も相談してみるといいのではないかと思います。きっと解決への糸口が見つかると思います。

ちなみに、人口毛植毛はここまで書いたとおりリスクが大変大きいためアメリカでは法律で禁止されている手法です。