もっと聞きたい育毛その他の失敗例

AGA治療で失敗した人も育毛で失敗した人も意外に多くいるのではないでしょうか。
ここでは、失敗した育毛剤選びと炎症を起こした時の失敗例を紹介します。

◇とりあえず「かゆい」ので爽快感のある育毛剤を使ってみたら

抜け毛が多くなる秋口に入り、いつも以上に抜け毛を感じるようになったので、市販の育毛剤を購入したが、「頭皮爽快」の文字につられて使用してみたら、使用感はすごく良かったが頭皮を見ると赤く腫れあがり痛みがあった。脂漏性皮膚炎の炎症がカユミを起こしデキモノが出来それが潰れて化膿していたところに育毛剤を塗ったため、痛みと腫れる原因になってしまった頭皮の確認をせず育毛剤を使用した失敗例です。
結局病院で治療することになり完治までかなり時間がかかったようです。

◇脂漏性皮膚炎や炎症による脱毛症は完全に治るには時間がかかる

マラセチア菌のような皮膚の炎症を一度起こすと時間がかかります。
特にすぐ再発する人はこれが原因です。
頭皮の見た目やカユミがなくなり炎症がないと決めつけすぐに止めてしまうことです。
カユミや見た目の炎症がなくても急に薬を止めてしまうと、菌体は弱まっただけで減少していない場合が多くその時に止めてしまうので、また増殖し再発してしまうのです。
長すぎるくらい続けて、様子を見ながら徐々に止めていく方法をとるようにしないと失敗します。

◇AGA治療薬毎日することを忘れてしまうと変化を感じない

AGA治療薬は毎日しないと効果がでない場合や遅くなります。
しかし、仕事をしながら頭皮ケアするのも大変なので、つい忘れることが多くなります。
これが「効かない」「変化がない」という原因につながっている場合が多いようです。
失敗例の多くは、「仕事が忙しくて忘れてしまうことが多かった」答が多かったので毎日続ける習慣づけが大切です。

◇思い込みで失敗した例

失敗談で変わった回答で、「AGAと思い続けていた為」と書いていたことです。
よくあると言ってはおかしいですが、「思い込み」でなることがあります。AGAは先ほどの頭皮乾燥・脂漏性脱毛症と似た症状があります。この人は頭皮乾燥による脱毛症が原因のようでした。
・脂漏性脱毛症の育毛薬を間違って続けたため悪化し、急いで病院へ行った例もあります。
・個人輸入など自力で治そうとする人の「思い込み育毛」で失敗したという例もあります。
「思い込みは」悪化の一途をたどる結果になり失敗する例は一杯あります。
わからない時は専門のAGA病院・クリニックへ相談してください