もっと知りたい入浴時間と頭皮の関係

下記の図は男性の場合だけになりますが、平均的な入浴回数や入浴時間は男性ばかりでなく女性も短くなっています。入浴は人間の体をほぐすと同時に血行もよくし疲れを取ることができるものです。頭皮や毛髪にも良いとされている方法のなかでは入浴効果も入っています
ので、できるだけ入浴時間を取ることをおすすめします。

◇入浴回数と時間の関係(男性の場合)

time入浴回数は年齢が高くなるほど回数が少なくなっています。仕事・飲酒・ストレスによりシャワーで簡単に済ませてしまう傾向があります。近年では男性だけではないようです。

AGA・FAGAの発症原因も入浴回数と時間の関係が起因していることがあるようです。

◇入浴時間(男性の場合)

hour男性は特に入浴時間を見てもわかるように、短いことが多いことがわかると思います。体を休める時間は長すぎてもよくないですが、短すぎてもよくありません。
平均30分くらいの入浴時間をとり熱すぎない40度くらいのぬるめの温度でゆっくり入るようにしましょう。
頭皮の保湿にもなりますので、乾燥肌の人はより潤いを与える時間になり大変有効です。

女性も男性のように短くなってきている傾向があり、女性のたばこや飲酒が増えたこともFAGAの元に起因しているのではないかと言われています。

◇高温すぎる湯船は避けた方が良い

高温の湯船は血管の収縮を発生し心臓に強く負担をかけてしまいます。
体温上昇により水分が奪われます。
また短時間で入浴を終わらせた体温は気化されやすいため体温低下も非常に早まります。
急に気分が悪くなったりするのは、体温の上昇と低下が急速に早まった結果起こる症状です。心臓に負担が大きいので大変危険です。
ゆっくり体温を上げていくように上昇させて体温を維持させていくことが、身体的にも頭皮にも有効になります。

◇冬場は入浴剤で保温

冬場はミネラルの多い(温泉のもと)などの入浴剤を使用したほうが良いでしょう。
身体を温かく保つことができるのはもちろんですが、血行促進や老廃物の排出にも効果があります。毛根が開きにくい時期でもありますので、しっかり入浴することをおすすめします。